斎藤守也がメッセージを寄稿した書籍『NICU命の授業』(豊島勝昭,株式会社赤ちゃんとママ社)が、2020年8月19日ごろに発売されます。
★書籍内のコメントページに守也のメッセージが掲載
 
神奈川県立こども医療センター新生児科医の豊島先生は、守也がこども医療センターでピアノ演奏をお届けするきっかけとなった方でもあります。著書でもピアノコンサートについて触れられています。
ぜひ手に取っていただき、豊島先生の『命の授業』をご体感ください。
 
<著書について>
『NICU命の授業: 小さな命を守る最前線の現場から』
豊島勝昭著、株式会社赤ちゃんとママ社発行
 
ドラマ「コウノドリ」の医療監修もされている、神奈川県立こども医療センター新生児科医の豊島勝昭先生。豊島先生が2008年から小中高生に伝え続けている、「NICU命の授業」が初の書籍になりました。「赤ちゃんが早産や病気で生まれてくるかもくるかもしれないと言われたら…」や「おなかの子に障害があるかもしれないと言われたら…」など、妊娠・出産で直面する困難な選択を迫られるいくつかのシーンを挙げ、「あなたならどうする?」といった問題提起を交えながら、実際の授業を体感できる内容となっています。