ピアニスト&コンポーザー斎藤守也(from レ・フレール)オフィシャルサイト

Profile

斎藤守也
ピアニスト / コンポーザー

1973年11月5日生まれ。
幼少期より音楽に興味を持ち、家にあったキーボードを使い自己流で作曲をする。12歳でピアノを始め、15歳でルクセンブルク国立音楽学校に留学。ガーリー・ミューラー氏に師事し、クラシック・ピアノを専攻。その他、音楽理論等を学ぶ一方で、オリジナル楽曲の作曲活動を続ける。22歳で同校ピアノ科プルミエ・プリ(最優秀)修了し、帰国。帰国後は作曲活動を中心にライブハウス・レストラン・バーなどでのソロ活動やバンド活動を行う。
2002年に弟である斎藤圭土とともに「レ・フレール(フランス語で兄弟を意味する)」を結成。その斬新かつ繊細なプレイ・スタイル(1台4手連弾)、交響曲や器楽セッションを想起させるオリジナル楽曲、そしてライブ・パフォーマンスにより瞬く間に日本全国で「ピアノ革命」と話題となる。ジャンルを問わず、あらゆる年齢層をひきつけ、聴く人の魂を揺さぶる熱いオリジナル・サウンドは着実に評価を高め、ヨーロッパ・アジア・オーストラリアなどでツアーを開催。2013年、幅広いサウンドで構成された初ソロアルバム『旅』(Universal Music)をリリース。2016年にはミュージカル俳優・若井久美子氏へ楽曲を提供。2017年3月1日には、初ソロ・ピアノ・アルバム『MONOLOGUE』(Universal Music)を発表、多層的な音楽で高い評価を得る。
情熱的でポップな旋律の楽曲から、狂詩的なバラードまで幅広い作品を創り出し、独自の世界観を築く。内省的で深みのある音は自由さと誠実さをあわせ持っている。舞台音楽をはじめ、メディアでの楽曲使用も多数。
また「音楽の楽しさをつたえる」ことをモットーにワークショップ活動にも注力。音楽之友社のピアノ講師向け月刊誌『ムジカノーヴァ』で「レ・フレール 斎藤守也の左手のための伴奏形エチュード」を連載、ヤマハ音楽教室の教材録音に参加するなど音楽教育にも携わる。
医療機関や社会福祉施設などでのコンサートをライフワークとし、2018年には、バリアフリー・ピアノコンサートを通じ、誰もが一緒に音楽を楽しめる機会と環境づくりをテーマとする「小さき花の音楽会」プロジェクトをスタート、自身がプロデューサーをつとめている。

PAGETOP